インプラント/歯科口腔外科

   茨城県古河市大堤81-1
TEL: 0280-30-0128
スマイル歯科クリニック

インプラント

インプラントのイメージ インプラント治療は、虫歯や歯周病などが原因で失われた歯の無い部分に、インプラントと呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に人工歯やインプラント用義歯を固定します。

インプラントが埋め込まれた顎骨(歯根部)に結合されるので、天然の歯と同じような自然な感覚が甦り、食べ物をしっかりと噛むことができます。
この治療は健康な歯を削る必要がないので、失った歯の部分を補うには最良の方法です。


インプラント/ブリッジ/入れ歯との比較

歯を失った場合、従来の治療では「ブリッジ」か「入れ歯」しか選択肢がなかったのですが、ブリッジを装着するには健康な隣接歯を削り固定する必要がありましたし、入れ歯は固定式でないため「しっかり噛めない」などのデメリットがありました。
しかし、インプラントは始めに書きましたように、健康な歯を犠牲にすることがないため、自然の感覚が甦ります。



インプラント治療のながれ

まずはお口の中の虫歯や歯周病の進行状態の把握など総合的な検査を行います。
その後、インプラント治療が必要な方にはカウンセリングルームにおいてインプラントについての十分な説明をさせて頂きます。

説明によってご理解頂いてから、CTを使いインプラントを埋入する部位や骨の状態を撮影と、お口の型取りなども必要に応じて行いながら、治療計画を立てていきます。
※この際、歯周病治療や虫歯の治療など基本治療が術前に必要な方はそちらを優先に行います。

インプラント埋入手術については以下のように進めて行きます(イラストは断面図が開いてますが、実際のオペとは違います)。


インプラント手術後3~6ヵ月の治癒期間をおくことで、インプラントと顎骨が結合されます(オッセオインテグレーション)。
作った人工歯をインプラントに取り付けて終了となります。あとは定期的にクリーニング(PMTC)などのメインテナンスを行っていきます。



歯科口腔外科

親知らずのイメージ 歯科口腔外科は、口腔(口の中)、顎(あご)、顔面並びににその隣接組織に現れる先天性および後天性の疾患が治療の対象です。

主な治療として、親知らずなどの難易度の高い抜歯・口腔内の炎症・顎関節症・嚢胞(膿)の除去・歯や唇の外傷・良性腫瘍などの治療を行っております。

親知らず
口腔外科の診療においてもっとも多いのが親知らずの抜歯です。
親知らずはブラッシングが行き届かないため、虫歯や歯周病の原因になったり隣の歯とぶつかり歯並びに悪影響を与えたりすることがあります。

顎関節症
顎関節症とは、咬み合わせなどが原因で「顎が痛い」「カクッと鳴る」「口が開けづらい」など顎関節やその周りの組織にあらわれる運動障害のことです。

顎のリハビリや筋肉のストレッチなどで顎関節の柔軟性を回復させたり、専用のマウスピースを使うなど、患者さんに合った治療法により回復をめざします。


診療時間・休診日

  平日 土曜 日祝
9:00-12:30 ×
14:00-18:00 ×

※土曜は17時で診療を終了します
※休診日は日曜・祝日です

スタッフ募集中

お問い合わせフォーム


PAGE TOP ▲